病気予防

病気になってからの治療よりも、病気予防のほうに重点が置かれる時代です。古今東西の病気予防の知恵を上手に生かしましょう。

まばたきを意識してたくさんする

人間は意識しなくとも、1分間に20回ほどのまばたきをしているそうです。 まばたきをすると目の表面が涙液で潤いますが、それにより乾燥を防ぎ、ドライアイの予防になっています。 また、ゴミなどの異物を洗い流 […]

誰にでもある自然治癒力とは?

自然治癒力とは、人間やその他の動物が生まれながらに持っている「病気やケガを治す力」のことです。 手術をしたり、薬を飲んだりしなくても治る機能のことで、この力は誰にでも備わっています。 この自然治癒力に […]

セルフケアはマイペースで・・・

セルフケアとは、「自分の健康を自分で管理する」ことですが、現在健康で元気な人にとっても、何らかの持病を抱えている人にとっても、自分の体を守るためにはとても大切なことです。 セルフケアは、続けることが重 […]

治療よりも予防の時代

医療技術が格段に進歩した現代ですが、治療よりも予防の時代へと流れが変わりつつあります。 「病気になったら病院で治療を受ければいい」という考え方から「できるだけ病気にならないようにする」という考え方にシ […]