病気予防

1/2ページ
病気になってからの治療よりも、病気予防のほうに重点が置かれる時代です。古今東西の病気予防の知恵を上手に生かしましょう。

静電気で肩こり・腰痛が起こることがある

冬になると静電気のバチバチッに悩まされる方は、肩こりや腰痛にも要注意です。 身体に静電気が溜まると、血液がドロドロの状態になったり筋肉が緊張して硬くなるため、肩こりや腰痛、その他の関節痛などが起きやす […]

爪の白い縦線(縦じま)は病気のサイン?

爪は、全身の健康状態のバロメーターにもなるとよく言われますが、白い縦線(縦じま)が何本も入っているのを見ると、体のどこかに異常があるのではと、ちょっと心配になります。しかし、この縦線は、主に乾燥と老化 […]

風邪のひき始めは体を温めるようにしよう

くしゃみや鼻水、ぞくぞくとする悪寒や微熱など、風邪のひき始めの症状が出たら、なるべく体を温めるようにしましょう。 風邪はウィルスの感染が原因で引き起こされますが、ひき始めの時に体を温めてこのウィルスを […]

冷え症と低体温の違いとは?

体が冷えることによる悩みは男性にも女性にもありますが、「冷え症」による冷えと「低体温」による冷えは異なります。 冷え症は体温が低いかどうかにかかわらず体が冷えますが、低体温の場合は平熱が36度以下の状 […]

梅雨明けの体調不良と熱中症

季節の変わり目に体調を崩すことは良くありますが、梅雨明けの体調不良は熱中症の可能性があるので要注意です。 梅雨が明けて気温がぐんぐん上昇した時に「体がだるい」「頭が重い」「気分が悪い」などの症状が出た […]

まばたきを意識してたくさんする

人間は意識しなくとも、1分間に20回ほどのまばたきをしているそうです。 まばたきをすると目の表面が涙液で潤いますが、それにより乾燥を防ぎ、ドライアイの予防になっています。 また、ゴミなどの異物を洗い流 […]