コラーゲンは摂り過ぎると太る?

タンパク質のひとつで、細胞と細胞同士をつなぐ役割をしているコラーゲンは、アンチエイジングには欠かせない成分です。みずみずしくハリのある肌や、しなやかな血管を保つにも、なめらかに動く関節を維持するにもコラーゲンが必要だからです。

ところが、食品からコラーゲンを摂ろうとすると、太る可能性があります。

 

コラーゲンを多く含む食品

コラーゲンを多く含む食品は、冷めた時にゼラチン状の煮こごりができるのでわかります。この煮こごりがコラーゲンそのもので、主に肉や魚、内臓などの動物性たんぱく質に多く含まれています。
具体的には、鶏の手羽先や軟骨、豚白モツ、牛すじ、フカヒレ、鮭やブリの皮、うなぎの蒲焼などがあります。
しかし、このような食材はもともとカロリーが高い上に、油で揚げたり、フライパンで焼いたり、煮物にして醤油や砂糖などで味付けをすると、さらにカロリーが高くなります。
また、煮物にした場合は、コラーゲンは水溶性のため、煮汁のほうに多く溶け出しています。コラーゲンを無駄なく摂ろうとすると、煮汁まで飲むことになりますが、そうするとやはりカロリーオーバーになってしまいます。

スポンサーリンク

 

コラーゲンを効果的に摂るには?

コラーゲンを食品から摂る場合は、カロリーオーバーにならないよう、料理法や味付けに気をつけましょう。コラーゲンを多く含む食品の中でも、鶏の手羽先や軟骨は比較的低カロリーなので、油や砂糖などを抑えた料理にすれば、効率的にコラーゲンを摂ることができます。
また、ビタミンCは、コラーゲンを安定させるために必要な栄養素なので、野菜や果物などを一緒に摂ると効果的です。

それでもやはり肥満が心配という方は、サプリメントやドリンクからコラーゲンを摂るという方法もあります。この場合もやはりビタミンCを一緒に摂ると効果的です。

スポンサーリンク