便秘解消には、ヨーグルトとはちみつに大根をプラス

ヨーグルトにはちみつをかけて食べるだけでも便秘解消につながりますが、そこに大根おろしを加えると、さらに効果的です。

ヨーグルトには、ビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれていて、腸内環境を整える働きがあります。また、はちみつに含まれるオリゴ糖は、ビフィズス菌の増殖を助ける働きがあるため、ヨーグルトとはちみつだけでも、色々な健康効果が期待できます。

一方、大根には水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。この食物繊維は、便を柔らかくして腸内のビフィズス菌が活動しやすい環境を作ります。また、大根に含まれているアミラーゼなどの消化酵素は、胃や腸の働きを助けて消化を促進します。
このように、ヨーグルトとはちみつに大根をプラスすると、便秘解消にはさらに良い条件が整うことになります。

 

ヨーグルト・はちみつ・大根の食べ方

ヨーグルトにはちみつをかけて食べるのはイメージできても、そこに大根をプラスするとなると、ちょっと想像しにくいかもしれませんが、実際にやってみると意外と簡単です。

まず、無糖ヨーグルト100gを用意してください。そこに大根おろし(大さじ1杯分)を入れて軽く混ぜます。その上からはちみつ(大さじ1杯くらい)をかけて食べてみてください。

大根おろしは少し辛味がありますが、はちみつをかけるので殆ど気になりません。
便秘解消には、これを1日2回ほど食べるようにすると効果的です。

※1歳未満の赤ちゃんの場合、はちみつを食べさせると「乳児ボツリヌス症」という病気を引き起こすことがありますので、食べさせないよう注意してください。

スポンサーリンク