身体を守る免疫力とは何か

免疫力が高いと病気になりにくいばかりか、たとえ病気になっても回復が早いということはよく知られています。この免疫力とはいったい何なのか、免疫力が高いとなぜ病気にかかりにくくなるのかを理解しておくことは、あらゆる病気から身体を守り健康を維持していくためには、非常に有意義です。

 

免疫力とは
私たちの身体には、生まれながらに「免疫力」が備わっています。この免疫力とは、人体に有害なウィルスや細菌、ガン細胞、その他の異物などから身体を守る「生体防御システム」とも言うべきもので、生きている限り休みなく働いています。
ところが、同じウィルスや細菌に感染しても、病気になる人とならない人がおり、病気になっても回復が早い人もいれば、なかなか治らず回復が長引いてしまう人もいます。
これは、ウィルス(病原菌)とその人の持つ免疫力の力関係によるもので、免疫力が強ければあらゆる病気に対して有利に戦うことができるのです。

 
ウィルス(病原菌)と免疫力との力関係
私たちの身体は、ウィルスや細菌などの外敵や、体内で発生するガン細胞などの脅威に常に脅かされています。こうした脅威から守ってくれるのが免疫力です。
この免疫力があるため、風邪をひいた時には咳や鼻水を出し、身体の熱を上げてウィルスを撃退し、回復へと導かれます。
免疫力が高い人は、ウィルスの侵入を阻止する力も強いため、病気にかかりにくく、たとえかかったとしても病状が軽く済み、回復も早くなります。
一方、免疫力が弱いと、ウィルスの侵入を抑える力も弱く、すぐに病気になってしまったり、回復が遅れたり、時には他の病気を引き起こしたりしてしまいます。
また、私たちの体内では常にガン細胞が生まれたり消えたりしていますが、免疫力が弱いとガン細胞の増殖を抑えきれなくなってしまうという危険もあります。

免疫力を強くしておくことにより、色々な病気から身体を守ることができますが、一度かかった病気に再度かかりにくくなるというのも免疫力の働きによるものです。

 

スポンサーリンク