ウォーキングの魅力とメリット

歩くことを主体とした健康法が「ウォーキング」ですが、このウォーキングは若い世代からシニア層まで、年々愛好者が増えています。実際にやってみるとわかりますが、ウォーキングには、ほかの健康法にはない魅力やメリットがたくさんあります。

具体的には、ウォーキングの魅力・メリットとして次のようなことがあげられます。

 
●いつでもどこでも出来る
いつでもどこでも手軽にできるというのが、ウォーキングの最大の魅力と言えます。早朝でも夕方でも、犬の散歩をしながら、買い物に行きながら、また通勤や通学の途中でもできます。
自宅の近くを歩いても良く、お昼休みに会社周辺を歩いても、旅行先で景色を見ながら歩いても良いのがウォーキングの楽しさです。

 
●健康や体力維持に役立つ
ウォーキング愛好者の中でも、健康や体力維持を考えて始めたという人が圧倒的に多いようです。実際にウォーキングを続けることにより、足腰の筋力がついたり、全身の血流が良くなったり、生活習慣病の予防、ストレスの解消など、多くの健康効果があることが知られています。

 
●お金をかけずにできる
何かスポーツをやろうとすると、ある程度のお金がかかってしまいますが、ウォーキングの場合はほとんどかかりません。
歩きやすい靴と、汗を拭くためのタオルくらいがあれば、いつでも始めることができます。

 
●ひとりでもできる
ウォーキングは、チームを組むわけでもなく、また誰かと競争するわけでもないので、マイペースでひとりでもできるというメリットもあります。
ひとりで歩いていて、知らない人と挨拶したり、何度か行き会ううちに親しくなったりということもあります。

 
●身体への負担が少ない
すぐれた有酸素運動のひとつであるウォーキングは、身体にあまり負担がかからず、自分のペースでできるというのも大きなメリットです。
そのため、運動からしばらく遠ざかっていた方でも、体力に自信のない女性の方や年配の方でも、安心して取り組むことができます。

 
●季節の移り変わりを肌で感じることができる
継続的にウォーキングをしていると、季節の移り変わりを肌で感じることができるというのも、大きな魅力です。四季のある日本では、空の色や木々の姿、咲く花や鳥の声など、刻々と移り変わって行きますが、その移ろいを感じるだけでも人生を豊かなものにしてくれます。

 
●特別な技術が不要
ウォーキングは特別な技術が一切不要なので、どんなに運動が苦手な方でも行うことができます。
健康増進のために効果的な歩き方というものはありますが、基本的にはどんな歩き方でも問題ありません。ウォーキングに上手・下手というのは存在しないので、誰でも自由に行うことができます。

 
●気分爽快になる
ウォーキングで汗をかいたあとは、多少疲れは残るものの、なぜか気分は爽快になります。
歩き続けているうちに「βエンドルフィン」という快楽ホルモンが分泌されるのも一因ですが、五感が新鮮な刺激を受けてストレスが解消し、全身の血流が良くなって老廃物が押し流されることも関係しているようです。

 

スポンサーリンク